検見川神社へ(千葉市花見川区) 千葉ツーリング散歩

検見川神社へ行ってみたバイク(2輪もろもろ)
スポンサーリンク

時期的にほんのちょっと遡ってしまうのだけれど、
今回は以前に訪れた検見川神社をご紹介。

夏越の大祓が行われる時期でした。

スポンサーリンク

検見川神社

千葉市は花見川区にある神社。
三柱の神を御祭神として祀り、「下総之國 神祇三社」と称す。

歴史と伝統のある検見川の地に鎮まります検見川神社の御創祀は、およそ1200年前平安時代前期第56代清和天皇の御代にまで遡ります。当時は、人臣として初めての摂政である藤原良房が清和天皇の外祖父として実権を掌握し、養子基経と共に摂関政治を藤原氏が確立した時代であります。この天皇の御宇貞観11年(869年)全国に流行した疫病を鎮めるため、その消除を全国規模で祈りました。その時、下総国(現在の千葉県)で素盞嗚尊(すさのおのみこと)が祀られ、災厄消除を祈った場が当地(嵯峨という地名を持つ)であったのです。古来より国家単位の災いをも取り除くほどの神威の轟きます地なのです。

宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)は、平安時代後期藤原氏の勢力が衰微し、天皇が院庁に入って政治をみる所謂院政期に祀られ始めました。第74代鳥羽法皇の院政期、第76代近衛天皇の御宇久寿2年(1155年)、勅命により平良文(将門の叔父)の流れを汲む千葉氏庶流で鎌倉初代将軍源頼朝配下として活躍する上総介廣常・金田小太夫頼次兄弟並びに頼次縁者三浦義澄等が、下野国(現在の栃木県)奈須原に於いて妖狐九尾の狐を退治した事件がありました。その内の一人頼次は、九尾の狐の霊威を畏み、崇敬していた宇迦之御魂神を祀りました。その後金田氏は、執権北条氏、足利将軍家、又、松平清康(徳川家康の祖父)、宏忠(家康父)と代々有力支族及び徳川恩顧の家臣として仕え栄えることになります。そして頼次の20世の孫である金田銀太夫正明が検見川の地を領有した時代、第108代後水尾天皇の御宇元和2年(1616年)検見川大明神の御神域に宇迦之御魂神を御奉賽し、現在に到っています。

伊弉冉尊(いざなみのみこと)は、室町3代将軍足利義満が南北朝を統一せしめた時代第百代後小松天皇の御宇応永16年(1409年)以来嵯峨の地に祀られていました神様であります。尊は伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と共に我が国の母神であり御神徳の高い神として人々に敬われています。江戸時代になり、金田正明が日頃崇敬していたこの神を寛永年間(1624~1644年・第3代将軍徳川家光治政下)に現在地に遷し、祭祀を営んだのが最初とされています。このように、古来より民衆は勿論有力武将の崇敬も厚いいともかしこき神を祀る神社として、その御神徳を高揚してきたのであります。この三柱の神の鎮まります社を「神祇三社検見川神社」と尊称し、今日に至っているのであります。

検見川神社HP ご由緒より引用)

かつては八坂神社と称していたこともあったようです。

場所は京成千葉線の検見川駅すぐそば。

北の方から降りてきて線路手前の道を鋭角に入っていくと、第一、第二駐車場があります。
この辺りの道は狭くちょっと入り組んでいる印象はありますが、ちなみに第三駐車場もあり、バイク、車ともにどちらでも気軽に参詣できます。
(詳しくはオフィシャルサイトで確認してください。)

今回は第一駐車場に停めました。

なので西参道から境内へ。

西参道入口
西参道入口の階段

ちなみにこちらの境内は比較的高低差のある立地になっています。
後に出てきますが表参道からの階段といい、その周りの木々といい雰囲気が素晴らしい。

お堂
途中の・・・お地蔵さん?

本殿横
いきなり本殿の横に出ちゃいました。
なんか、スイマセン。

夫婦けやき
正面へ回り込む途中に夫婦ケヤキ。

検見川神社
拝殿の前に出ました。

変な言い方になりますが、思っていた以上に立派な拝殿でビックリ。
拝殿だけじゃなく、社務所の建物も立派です。

正直、驚きました。

スポンサーリンク

手水舎
手水舎も立派。
簡単に清めてから拝殿にてご挨拶。

参拝を終えたら、改めて境内の散策を開始。

御神水
御神水

君が代石
君が代石

本殿と社務所の間にあります。

子授けの樫
隣には群生した「子授けの樫」も。

真石
真石

御祭神の八方除・厄除・方位除の御神徳と深く結び付く石だそうです。

裏手へ

裏手にも入っていけそうなので行ってみる。
いくつか摂社が並んでいます。

摂社
摂社

マンションみたい・・・。

摂社
他にも幾つか摂社がありました。

祠
小さな祠や狐などの置物が置いてあるエリアも。

置物たち
なんか可愛い。

東参道
東参道入口

「夏越の大祓」の文字が見えます。
夏越大祓式(芽の輪くぐり)は6月30日に行われているようですが、当日は15日。
ちょっと早かった。

茶屋
東参道を入ってすぐあたりには茶屋を発見。

スポンサーリンク

表参道の鳥居
こちらは表参道。

階段
表参道の階段。

市神之社
階段脇には「市神之社」。
昔「九」の付く日に市が立ち、その繁盛を願って祀られたそうです。

まとめ

思っていた以上に荘厳で立派な神社でした。

自然との調和がほっとする境内です。

数多くの参拝者がいらっしゃっていたのを見ても、とても愛されている神社のようです。

境内に茶屋があるのを見たのは初めてでしたが、ふらっと散歩がてら立ち寄るにも良いかも知れませんね。

是非一度参詣されては如何でしょうか。

ということで今回は以上!

コメント

タイトルとURLをコピーしました