佐倉城址公園の紅葉 千葉ツーリング散歩

紅葉バイク(2輪もろもろ)
スポンサーリンク

もはや季節は秋を過ぎ冬を迎えつつありますが、
先週末も紅葉狩りに出掛けたのでそのリポートを。

ちなみに、千葉県は全国的に見て紅葉の時季が比較的遅いのだそうです。
(千葉県民ながら知りませんでした。)

ということで前回の鹿野山神野寺に続き、千葉県は佐倉市にある「佐倉城址公園」へ行ってみました。

スポンサーリンク

佐倉城址公園

佐倉城址公園は、佐倉城跡の中に設置されている公園です。公園内には天守閣跡、空堀など城の遺構が多数残され、天守閣跡脇の樹齢約400年の「夫婦モッコク」(千葉県指定天然記念物)をはじめ、シイ、カシ、モミジなどの大木がいたる所にある、緑多き歴史公園です。天守閣跡や巨大な馬出し空堀、水堀に守られた南出丸や西出丸は必見です。園内には昔、乳母が若君を池のほとりで遊ばせていた際、あやまって若君を溺れさせてしまったという哀しい話が伝わる「姥が池」や、三逕亭(茶室)(さんけいてい)、桜や牡丹、梅、菖蒲園、紅葉などもあり、四季を通じてお弁当を広げる家族連れの姿が見受けられます。公園の東端には、佐倉城に関する模型や古写真、出土遺物などを展示した佐倉城址公園管理センター(佐倉城址公園センター)があります。

(佐倉市WEBサイトより)

ふら〜っと走りにいった時によく前を通り過ぎていましたが、
一度も入った事は無かったので今回初めて訪れます。

佐倉城址公園に到着

この日は土曜日。
紅葉の見ごろともあって駐車場は満杯でした。
バイクは駐輪場があるので、そちら側へ。

敷地に入ってすぐの右手になにやら石仏らしきものが見えたので、駐車してから戻ってみました。

臼杵磨崖仏

臼杵磨崖仏

古園石仏大日如来像
(大分県臼杵市深田所在)

日本を代表する臼杵磨崖仏のなかで、最も有名な古園石仏(大日如来及び諸尊仏13体)の中心をなす大日如来像である。凝灰岩の岩壁から掘り出したもので、平安時代後期の木彫像に通ずる本格的な作風を示す丈六仏(約2.8m)である。

「鑑賞のポイント」
両頬が丸く張り、両眉は美しい半円弧を描き、両眼のまなじりはわずかに切れ上がり、豊かな抑揚を見せる大きな眼を刻んでいます。お顔の形を引き締める様な小さな唇と締まった顎の表現によって、典雅で力強い像形がうかがえます。

(現地看板より)

・・・のレプリカだそうです。
でも何故ここに?

スポンサーリンク

姥が池

ま、それはさておき公園散策へと戻ります。

園内看板

公園案内図をしばし眺め、
せっかくなのでぐるっと遠回りして、一番奥の天守閣跡へ向かう事に。

園内

落ち葉の積もる階段を下りていくと、

姥が池

姥が池です。
江戸時代には数千匹の蛙がここに集まり、左右に分かれて昼夜7日間蛙合戦を行っていたと「古今佐倉真佐子」(江戸時代中頃の書物)に記されているとか。

名の由来は、家老の娘をおもりしていた姥が誤って娘を池に落としてしまい、困り果てて自らも身を投げたとの言い伝えによるものだそうです。

・・・せめて娘の名前をつけてあげようよ。
そう思ったのは内緒です。

茶室 三逕亭(さんけいてい)

茶室 三逕亭

昭和57年に東京の乃木神社から、譲り受け、その年に解体・移築復元しました。京都大徳寺孤蓬庵忘筌(きょうとだいとくじこほうあんぼうせん)を模して造られており、二の丸へのみち(逕)、椎木曲輪へのみち、本丸下を巡るみちの三逕が合する所から、陶淵明の「帰去来の辞」の一節「三逕就荒 松菊猶存」にちなんで三逕亭と名づけられたものです。

お茶が頂けるようで、一服400円 お菓子付だそうです。(10:00~15:30)
また、ここを茶会や句会の場所として借りる事も出来るようです。

トイレ

その横にもなんかおもむきのある建物が・・・と思ったらトイレでした。(^^;

園内の紅葉

紅葉

さらに奥へと歩いていくと、紅葉がちらほらと見え始めました。

銅像と紅葉

2体の銅像と紅葉。

紅葉

もちろん全ての場所が紅葉しているわけではありませんが、
所々とても綺麗に紅葉していました。

紅葉

時間帯も良かったのかも知れません。
光が射してくる方向と、その光に燃えるように輝く紅葉がとても美しく感じられました。

紅葉

スポンサーリンク

その他もろもろ

馬出し空堀

馬出し空堀

園内にはいくつもの空堀がありました。
ここは復元されたものらしく、綺麗に整備されています。

空堀

その他の空堀はこんな感じ。
結構スケールが大きい。

夫婦モッコク(千葉県指定天然記念物)

夫婦モッコク

天守閣跡の脇にある木。
樹齢約400年だそうです。

スポンサーリンク

兵士が彫った文字が残っています。

国立歴史民俗博物館

国立歴史民俗博物館

壁に大きく「歴博」と書かれた国立歴史民俗博物館が建っています。

入館はしませんでしたが、
館内ロビーに展示されている建築模型を見ながらしばし休憩。
東福寺三門模型と根来寺多宝塔模型だそうです。

レストランやショップなども

レストランやショップ

疲れたときはこちらで休憩。

まとめ

思ったよりも広くて綺麗、施設も整っており、散歩するには丁度いいかも知れません。
犬の散歩姿も良く見かけました。

今回は紅葉でしたが、季節によってはまた違った景色を見せてくれるのだと思います。
おすすめですよ。

ということで今回は以上!

コメント

タイトルとURLをコピーしました