ブレーキランプが点かない!スイッチの故障?配線不良?

ブレーキランプが点かないバイク(2輪もろもろ)
スポンサーリンク

先日の夕方、買い物に出ていた時の事。

ふと気がつけばブレーキランプが光ってない・・・気がする。あらら球切れ?
乗る前のチェックではちゃんと点いていたのに。

信号待ちでリアブレーキを踏みながらランプをチェック。
ちゃんと光ってる。なんだ気のせいか。

ミラーで確認しつつ、今度はフロントのブレーキレバーを握ってみる。
・・・光らない!

こっちかぁ

手を伸ばして下から配線を持ち上げてみるが端子がはずれている様子はない。

持ち上げつつレバーを握ると弱々しくも点灯。かと思ったら点かなくもなる。
どうやら接触不良のようです。

ということでリアブレーキを多用しつつ帰宅。
後日修理にとりかかりました。

スポンサーリンク

ブレーキスイッチの故障?

とりあえずフロントのブレーキランプスイッチを外してみます。
ハンドル右のスイッチボックスから線が伸び、ハンドルの下にネジ1本で留まっています。

スイッチの場所
ブレーキランプスイッチの場所

ネジを緩めて取り外し。
(端子は取り外してから引っこ抜くほうが楽かな)

フロントブレーキランプスイッチ
フロントブレーキランプスイッチ
長年の塵やホコリで結構汚れてます。

とりあえずテスターで導通を確認。
大丈夫そうに見えるけれども・・・

導通チェック

導通チェック
テスターに繋いで導通チェック。

大丈夫だった。
なんだ、ちゃんと機能してるじゃん。

突起部を押すとオフ、離すとオン。
ブレーキレバーを握ると離され、握らないと押される状態になるので、
通常のスイッチとは逆に動作します。

スイッチは故障していなかった。

スポンサーリンク

配線の不良?断線を疑う

てことはだ、
配線のどっかが断線してるってことだよね。

断線箇所を見つけて、カバーを剥いて、ハンダで繋いで、テープかなんか巻いて、
・・・はぁ、面倒くさい。(ーー;

部品を買って交換すれば済む話だと思ったのに。

まぁでもやるしかない。

ちなみにフロントブレーキランプスイッチはAmazonでも数百円あたりから売っている模様。

フロントブレーキランプスイッチ

スイッチボックスハウジングを取り外す

取り付けられたままでは作業できないので一旦外す必要があります。

まずスイッチボックに入るスロットルケーブルのナットを緩めておく。
(後でも良いけどグラグラ動く状態では若干やりづらいので)
スロットルケーブルのナット

スイッチボックスを留めている二ヶ所のネジを外すと、ボックスがパカッと開きます。
スイッチボックス

スロットルケーブルのタイコを外す必要があるので、キャブレター側のロックナットを回してケーブルを緩めます。
キャブレター側のロックナット
(すすだらけで真っ黒!
 これはちと恥ずかしい・・・
 で、でもケーブルの注油とかはちゃんとしてるんですよ!(言い訳))

スポンサーリンク

ハンドル側のタイコを外してケーブルを抜いたらスイッチボックスが外せます。

次はライト内部にあるカプラーを外します。
ライトを留めている3カ所のネジを緩めて外し、配線をたどって茶色と赤のカプラーを外す。
スイッチボックスケーブル

これでスイッチボックスを取り外す事ができました。

断線箇所の特定・・・のはずが

さてさて問題はこれからだ。
断線の箇所を探らねばならない。

そのままではやりづらいので、カプラーから端子を外します。
サービスマニュアルの配線図で該当のリード線を確認。

  • 黒/黄
  • 黒/茶

の二本。

端子のツメ部分を押し下げながら引き抜きます。
カプラー内部
端子のツメ

無事に取り出し完了。
ブレーキスイッチの配線

専用工具もあるようですが、自分は手元にあった精密ドライバーを使いました。

端子にテスターリードをビニールテープで貼付け、
導通を確認しながら配線をいじくってみます。

「ここか、これか、これがええのんかぁ〜〜〜!」
はぁはぁ

(注:筆者に変な趣味はありません)

ん〜
イマイチよくわからない。
テスターの針はぶれる事なく安定し、問題なく導通していることを示しています。
つまり断線していない。

そもそもスイッチボックスはハンドルに固定され、スイッチ自体もネジで固定されている。
その間の配線はわずか10cmほど。
可動箇所もないので擦れて断線するような場所があるわけでもなく、まったくもって見当がつきません。

スポンサーリンク

もしかしたらスイッチボックスからカプラーへと伸びる方かもしれない。
ステアリング周りなら多少動くし、と念入りにチェック。

「こっちか?ん?こっちなのかぁ?どうなんだぁ?」
ら、らめぇ〜〜!

(注:決して、断じて、筆者に変な趣味はありません)

それでもテスターの針は少しも揺らがない。

そもそもスイッチへと伸びる配線を持ち上げた時にランプが明滅していた。
となるとどう考えてもスイッチボックスとブレーキスイッチの間に問題があるはず、なんだけど・・・

どゆこと?

とりあえず組付け戻してみる

いくら引っ張っても、ひねっても、揉んでみても、折り曲げても、まったく問題が見当たらない。
完全にお手上げ状態。

どうしたものかとしばらく思案したものの、普通に動作しているようなので再び組付けることにしました。

キーを回してスイッチオン。
レバーを握ってみると・・・

ブレーキランプが点いた。

まじか。
その状態で配線周りを弄くり回してみても、問題なく点灯している。

一体何が原因だったと言うのか。

スイッチ自体は問題なかった。(※1)
配線も切れてはいなかった。
今も問題なくランプは点いている。

でもランプが点かなくなった事は事実としてある。
それならば何処かに問題が残っているはず。

ん〜・・・
わからん

※1.後にスイッチ内部に問題があった事が判明。
詳細はこちら↓から
【修理】ブレーキランプが点かない!ブレーキスイッチの接点不良
ブレーキランプが点灯しなくなっていた原因が判明。 リアは問題なく点灯していたものの、フロントのブレーキレバーだけ反応しなかったのですが、 結論から言うと、 ブレーキランプスイッチ内部の接点不良でした。 だけどちょっとトリ...

コメント

  1. obachan_SF より:

    1か月前に中古バイクを購入、2輪に乗り始めました。始業点検時に前輪のブレーキランプがつかないことを発見、このサイトにたどり着きました。私の場合、スイッチのスプリングが老朽化、導通していませんでした。Ebayで代替品を購入、交換することで無事、解決できました。メンテ初心者でも分かりやすく助かりました。御礼申し上げます。

    • watarywatary より:

      You’re welcome!
      すこしでもお役に立てたのなら嬉しい限りです。(^^
      コメントありがとうございました。

  2. 徳永彰彦 より:

    ヒントをいただきました。

タイトルとURLをコピーしました