GIMPでバッチ処理 プラグイン「BIMP」を使ってみる

コンピュータ関連
スポンサーリンク

最近になってGIMPを使い始めました。
GIMP(GNU Image Manipulation Program)とはオープンソースで開発されている画像処理ソフトのこと。
平たく言えばPhotoshopのような高度な画像処理機能を持ちながら無料で使えるアプリケーションです。

で、撮影してきた写真をバックアップするのにリサイズしたいのです。
そのままではちょっとサイズ的に大きいので。
その作業を一括で行えるバッチ処理をさせてみようかと。

スポンサーリンク

プラグイン「BIMP」で画像を一括処理

GIMPのプラグイン「BIMP」を使えばできるらしい。

GIMP自体のダウンロードはこちらから
 → GIMP

「BIMP」のダウンロード&インストール

BIMPのダウンロード
 → BIMP

「Installer for MacOS」から
Installer for MacOS

BIMP 2.6「gimp-plugin-bimp_macos.tar.gz」をダウンロード
BIMP 2.6

解凍したらフォルダ内の「install」をダブルクリックして開くか、
ターミナルから実行できます。

install」の中身はテキストエディタで開いても確認できます。
GIMPがインストールされているかどうかをチェックして、
plug-ins」フォルダを作ってファイルをコピーしています。

ターミナルから実行してみます。
解凍して作られたフォルダを右クリックから「フォルダに新規ターミナル

% ./install
BIMP is installed. You can close the program.

さくっとインストール完了

スポンサーリンク

複数の画像ファイルをバッチ処理で一括リサイズ

さてGIMPを起動

ファイルメニューに「Batch Image Manipulation…」があることを確認
Batch Image Manipulation

開いたら「+Add」から「拡大縮小(リサイズ)」を選択
拡大縮小(リサイズ)

今回は
4032 × 3024px の画像を
1920 x 1440px にリサイズしてみます。

リサイズ

幅を「1920 px」にセットしたら高さは「Disable」、
Aspect ratio(アスペクト比・縦横比)」は「Preserve(保持)」を選択。

アスペクト比を保持した場合、高さは自動的に調整されます。

メニューの表示は変更されません。結果的に調整されたサイズで出力されます。

画像を追加」からファイルなりフォルダなりを選択し、保存先を選び、
Apply を押せば処理が始まります。
設定

また、圧縮率なんかを設定したい場合には同じように「+Add」から
「保存ファイル形式の選択と設定」を追加し、設定します。
保存ファイル形式の選択と設定

スポンサーリンク

一連の作業をバッチ操作セットとして保存できます。
次回使う時は読み込めばok
バッチ操作セットとして保存

まとめ

GIMPでのリサイズがバッチ処理で実現できました。

ただ少しだけ気になったのは処理速度。
ちょっと・・・遅い気がする、Photoshopに比べると。

あとリネームして同じフォルダに保存できないところかな。

でも機能としては十分なのでありがたく使わせていただきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました