マフラーの錆落とし&耐熱塗装 vtr250

整備バイク(2輪もろもろ)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

サビ退治にトライ

うちのVTR250ももう7年目。
そろそろエキパイの錆も目立ってきた。

で、錆を落として耐熱ブラックでも吹こうかと。
バイクに詳しい友人から時間が出来たと連絡が入る。

友人の車に乗せて貰い、とりあえずオキツモの耐熱ブラック(黒ツヤ無し)と紙やすりをホムセンでゲット。
耐熱塗料 オキツモ ワンタッチスプレー 艶消し ブラック 300ml /650℃ 黒 塗料 バイク 車 焼却炉

マフラーを外してヤスリがけ

戻り、友人に教えてもらいながら(というか半分以上作業して貰いながら(^^;))、
ボルトを緩め、マフラーを外した。

このマフラーを外す際、リア側のエキパイとサイレンサーを繋ぐジョイント部分で四苦八苦。
納車時から一度も外したことが無く、ジョイント部分のパッキン(ジョイントガスケット)が朽ちて張り付いていた。ボルトもサビサビ。
何とかはずして、あとはひたすらヤスリがけ。
が結局、錆の根が深く全てを落とすことは断念。

新品でも錆びてくるんだ、この作業も所詮は時間稼ぎ・・・と自分を納得させつつ適当なところでやめる。
きちんと脱脂しないと塗料が浮くよ、というアドバイスからパーツクリーナでゴシゴシ。

塗装作業

次は床にダンボールを敷いての塗装作業。厚く塗りすぎぬように薄く塗装。
これがなかなか難しい。力加減がわからん。(苦笑

2011_11_14_01.jpg

ちゃっかり塗装まで手伝って貰いつつ・・・

2011_11_14_02.jpg
リア側の塗装完了。

2011_11_14_03.jpg
一部厚塗りな部分もあるがおおむね良好な出来。

乾燥させたらあとは組み付けて焼付け・・・というところで問題発生。
ジョイント部分のパッキンが完全に朽ちていてはまらない。
(外す時からわかっていたような・・・あはは(^^;))
で、ライコランドへ急行。
まぁ汎用のものがあるだろうと。

・・・なかった。orz

仕方ないのでとりあえずバイクは作業場へ置かせてもらったまま帰宅。
部品はちゃんと用意しておけってことだ。。。
当たり前か。

スポンサーリンク

パッキンを求めて

ググっても部品が見つからない。
FI化されたVTR用のものはキタコから出ているようだがキャブ車に合うものは無い感じ。
翌日ディーラーに電話。
今日頼めば2日後には届くらしい。

自分「そうですか。じゃ取り寄せをお願いしたいんですが・・・。」
店員「電話では受け付けておりません。」

・・・なんでやねん。(ーー;

数万もするパーツならわかる。前払いも必要だろう。が1000円前後のパーツだ。
バイク自体その店で買ってる上お客様登録もしてるし、点検とかも出してるんだから一見さんでもあるまいに。
そういうところがダメなんだよあんたら。(`Д´*)

まぁ文句を言っても始まらない。
車で走ること40分。混んでると時間かかるなぁ。
とりあえず到着。
カウンターで注文する。

自分「VTR250、リア側エキパイ部分のジョイントガスケットを取り寄せて欲しいんですが・・・。」
店員「年式はわかりますか?」
自分「05です。」
店員:カウンター横のPCでカチャカチャ。モニタをこちらに向ける。(サービスマニュアルの画像も表示されている。)
店員「これですか?」
自分「はい、そのパーツです。」
店員「他には?」
自分「ついでだからエキパイのガスケットも買っておいた方がいいかなぁ・・・。」
店員「これですね?(画面を指しながら)」
自分「はい。」
※この時、当然前後2つのガスケットがハイライトされてます。VTRは2気筒なんだから。
自分「ジョイント部分のと前後ガスケット、二つずつあったほうが良いかなぁ・・・でもそんなには要らないかな。(各部)1つずつでお願いします。」

・・・なぜわざわざ太字にしたのか。
そして何故きちんと書類を確認しなかったのか。(--;
もう情けないやらアホらしいやら。

料金を前払いし、その後約束していた別の友人と合流。
軽く釣りに行った後で食事を取って書類を何気なく見てみると・・・

「エキゾースト ガスケット x1
パッキン x1」

え?ガスケットが一つ?
もうアホかと、馬鹿かと。てかほんと馬鹿なの?ていうか馬鹿でしょ。
一つずつっていったら前後のガスケット一つずつとパッキン一つってことだろがぁ!!

・・・その場でちゃんと確認しなかった自分も悪いんですけどね。(--;

【追記@2日後】

届いているであろうパーツを取りに行った。
案の定、ガスケットは一つ。。。
でも他店で代用品は購入済み。
とりあえずジョイント部のパッキンさえあればいい。

2011_11_16_01.jpg

スポンサーリンク

早速戻って作業。
友人は旅行に行っており一人での作業となったのだが・・・

これがなかなか大変だった。
外す時は重力が手伝ってくれるが付ける時はそうは行かない。
苦労しながらジャッキなどの力も借りつつ、組み付け完了。
あっちこっちに微妙にぶつけてせっかく塗った塗料をはがしながら、ですけど。(ーー;

アイドリングの熱で焼き付けつつ、排気漏れをチェックしてみると~
パパパパパッ
・・・ジョイント部分下部から盛大に排気漏れ。orz
なんで(TT

固定するバンドの位置を微妙に下げて締める。
バンドの一部が変形して塗料がはげる。(でももうキニシナイ!)
今度は接合部上部から漏れる。
気力が無くなる。
排気漏れのまま帰宅。
・・・。

液体ガスケットとか買ってくるかなぁ。
一応明日組み付け直して様子を見ることにする。

【追記@3日後】

今日も工具を借りてリトライ。
まずは慎重にマフラーを外す。
リア側エキパイも外してパッキン(ガスケット)のつぶれ具合をチェック。
どうやら少し歪んで付いてしまっていたようだ。ちょい斜めってる。
取り付ける際に奥(上)までではなく、どうせ押し込まれるだろうと中途半端な位置までしかはめ込まなかったのもいけなかったかな。

しかもマフラーを取り付ける際、フロント側が入りづらかったのでリア側エキパイを緩め、
グラグラ状態にしながら各所はめ込んでみたのも良くなかったようだ。

という事でパッキンの歪んでいる部分(2mm程度だけど)を木材を使って軽く修正。
組み付けも今度はリア側エキパイを動かぬ程度に仮止めし、まずはジョイント部分からはめ込む。
次に様子を見ながらフロント側エキパイをはめ込む。
各所を固定してエンジン始動。
排気漏れは・・・直った感じ。
指を近づけてみても以前のように出ている気配は無い。
念のため液体ガスケットもつけておいたほうがよかったかなぁ。

【追記@4日後】

その後。
排気漏れは一応大丈夫そうな気もするので、
ジョイント部分のバンドあたりや、試行錯誤で塗料の剥がれたところを
見える範囲で追加塗装。
とりあえず完成、ということにする。

作業する前にはちゃんとパーツは用意しておこう。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました