リアタイヤがパンク!この裂傷は修理キットで直るのだろうか

バイク(2輪もろもろ)
スポンサーリンク

なんでしょうね。
厄年じゃなかったような気がするのですが。

昨日買い物に出かけ、
目的地のホームセンターに着いた途端いやな音が足元から…

そのまま駐車場内を走りつつ、何か踏んだことは瞬時に理解。
20mほど走って駐車します。

あらためて見てみると…

スポンサーリンク

リアタイヤに折れた鍵が突き刺さる

駐車場所にバイクを停め、音がした前輪を確かめて見ても特に問題はなさそうです。

よかった〜、と思いつつ店内に向けて歩き出すと

「シュ〜」って音がかすかに聞こえる。

はい?

で、リアを確かめようと屈んでみたら
目の前のタイヤから明らかに音がしてくるのです。

もう目の前真っ暗。

嫌な汗しか出てきません。

一応音のする場所を探ってみると、何やら金属片が刺さっているのを発見。

釘なんかは刺さっているのを見つけても、すぐに抜かないほうが賢明だと言われます。

抜いた直後から空気が余計に漏れちゃいますからね。

でもあきらかに目の前のタイヤには金属片が突き刺さっているのです。

そして空気が漏れる音がもうそれはしっかりと耳に届きます。

抜きますよね。
えぇ抜きましたとも。

・・・

折れた鍵でした。

それが物の見事に先端をタイヤへと向け突き刺さっていたのです。

途中から破断し、さらにくの字に曲がった状態でありました。

そのまま走行なんてできません。

確認直後に横の植え込みに投げ捨てました。

チクショウ orz

ひとまず帰路へ

もうどうして良いのやらわかりません。

ちなみにその店は片道15kmほど離れた場所にある大型店舗。

押して帰るのはほぼ無理。
手首ケガしてるし。痛いし。

レッカーなんてお金かかりまくりんぐ。

ということは・・・

「行ける所まで乗って帰って限界がきたら押して帰る作戦!!!」

頭の中では浮かび上がった大きな時計がもうすでに動き始めています。(!)

タイムリミットは近い!

1Kmでも100mでも家に近づいておかなくてはなりません。

取って返してすぐさま帰路につきました。

スポンサーリンク

なんとか帰宅

時速40kmほどで慎重に走らせ、なんとか帰ってきました。

途中、
「もうすでに空気抜けたな?」

とビクビクしつつも無事に帰宅。
なんとかたどり着きました。

降りてタイヤを確認したら・・・もう完全に抜けてました。
やっぱり無事とは言えないね。

あぁ、良い子は真似しないでくださいね?
ホイール痛んで懐ももっと痛みますよ?
(シャレにならないくらいに)

絶望に打ちのめされながらネットで情報を収集。

実はもうすでに交換時期を迎えているタイヤなので近々交換するつもりでした。

自分では交換できませんので(道具もないし)、
前回と同様バイク用品店に持ち込んで交換してもらうのがベターか。

もしかしてホイール外して持ち込んだら交換してくれないかな。
嫌がられるかな。

色々考えた結果、バイク用品店での交換をお願いするとして、
その店までもてばいいかとの考えに至る。

結局交換しちゃうタイヤだしね。

パンク修理剤を購入!

ということで自転車に乗り換え、先ほどのとは違う近所のホームセンターへ。

買ってきました。

BAL ( 大橋産業 ) パンク修理キット パワーバルカシールタイプ 831 [HTRC3]

BAL チューブレスタイヤ用パンク修理キット パワーバルカシールタイプ

ミニステックタイプもあったけれど、どっちが良いのかわからん。

どちらかと言えばしっかり塞げそうな方にしておきました。

ただ「ガラスや鉄片などによる裂傷」は修理不可、と書いてあるのでどちらにせよ駄目な気がする・・・。

それでも店に行くまでの数キロ空気を保ってくれればそれで良い。
どうせ交換して捨てるタイヤなのだから。

というか、ネットの値段が1000円も安いんですけど、めっちゃ安く売ってるんですけど、なにこれ。

スポンサーリンク

そして雨

早速修理を始めようと思った矢先に雨が降り出す。

そう、雨が、降り、だした、のです。。。

作業でけへんやん

天気予報を見てみると明日も雨。

でも早く治さないと・・・

免許更新が今月中なのです。
メガネも作りに行かないといけないのに・・・

やば。

てか待って、パンク修理キットもパンクした最初のホムセンで買ったらもっと安かったの・・・に?

とりあえず台風来てるみたいなので数日後晴れたら作業してその結果も報告します。

追記:修理しました

無事修理できました。

【バイク】リアタイヤがパンク!しかも裂傷!はじめてのパンク修理【831】
先日、とあるお店の駐車場内で釘ならぬ「鍵」を踏んでしまい、 豪快に空気が抜けるタイヤを前にあたふたと醜態を晒したものの、なんとか帰宅しました。 家にたどり着いた時には完全に空気が抜けていましたが。 その後、自転車で別のホームセ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました