セキュリティアップデート2020-004のインストール【High Sierra Patcher】

コンピュータ関連
スポンサーリンク

さて、
先日リリースされた「セキュリティアップデート2020-004(High Sierra)」についてです。

リリースから数日経ったのでインストールしていきます。

今回は再リリースなどされなかったのかな?
確認してないのでわかりませんが。

とりあえずインストール手順などはこれまでと変わりません。

ということでインストールしつつ記事を書いていきます。

スポンサーリンク

セキュリティアップデート2020-004をインストール

ターミナルから作業します。

アプリケーション > ユーティリティ > ターミナル

1、セキュリティアップデート2020-004をダウンロード

ターミナルウィンドウが開いたら、コマンドラインでファイルをダウンロードします。

小文字エル(l)のオプションは更新可能なもののリストを取得します。

softwareupdate -l
$ softwareupdate -l
Software Update Tool

Finding available software
Software Update found the following new or updated software:
   * Security Update 2020-004-10.13.6
	セキュリティアップデート2020-004 (10.13.6), 1790350K [recommended] [restart]
ちなみに一緒に来ていた safari のアップデートは事前に済ませてあります。

次に、
見つかった「Security Update 2020-004-10.13.6」をダウンロードします。

小文字ディー(d)のオプションでダウンロードのみ行います。
インストールは後ほど必要な手順を踏んでから行います。

softwareupdate -d "Security Update 2020-004-10.13.6"
$ softwareupdate -d "Security Update 2020-004-10.13.6"
Software Update Tool


Downloading セキュリティアップデート2020-004
Downloaded セキュリティアップデート2020-004
Done.

ダウンロード完了。

ダウンロードしたファイルは

/Library/Updates

に保存されました。

(本当はここで今回ちょっとした問題が。ただしこれは後述します。)

2、RecoveryHDのアップデート

先にリカバリーHDのアップデートを行います。

ファイルシステムを「APFS」ではなく従来の「HFS+」で使っている場合に必要な手順です。

でないとインストール途中でフリーズし、強制的な再起動が必要になる可能性があります。
それでも一応セキュリティアップデート自体は適用できると思いますが、
万全を期してエラーなくアップデートしてあげましょう。

ダウンロードしたファイルを展開します。

pkgutil --expand /Library/Updates/001-08570/SecUpd2020-004HighSierra.RecoveryHDUpdate.pkg ~/Desktop/Expanded

デスクトップに「Expanded」というフォルダが作成され、
その中にパッケージの中身が展開されます。

スポンサーリンク

終わったらターミナルから「リカバリーHDのアップデートスクリプト」を手動で走らせます。

# 一時的にパスを設定
export PACKAGE_PATH=~/Desktop/Expanded/RecoveryHDMeta.dmg

# スクリプトフォルダへ移動
cd ~/Desktop/Expanded/Scripts

# スクリプトを実行 二つ目のスラッシュをターゲットボリュームとしてスクリプトに渡しています
./replaceRecovery / /
...
Probing Target Volume: /
Target Volume FS: hfs
Running ensureRecoveryPartition for Non-APFS target volume: /
./Tools/dm - dm - Version 5
...
HFS/CS EnsureRecoveryPartition: 基本システムのイメージをコピー中
HFS/CS EnsureRecoveryPartition: Operation 40.0% complete
HFS/CS EnsureRecoveryPartition: Operation 50.0% complete
HFS/CS EnsureRecoveryPartition: Operation 60.0% complete
HFS/CS EnsureRecoveryPartition: 基本システムのバージョンplistをコピー中
HFS/CS EnsureRecoveryPartition: プラットフォームサポートplistをコピー中
HFS/CS EnsureRecoveryPartition: システムイメージ・チャンクリストをコピー中
HFS/CS EnsureRecoveryPartition: boot plistを作成中
HFS/CS EnsureRecoveryPartition: Operation 80.0% complete
HFS/CS EnsureRecoveryPartition: Operation 95.0% complete
HFS/CS EnsureRecoveryPartition: 復旧用パーティションをマウント中
HFS/CS EnsureRecoveryPartition: ブートファイルをブレス中
HFS/CS EnsureRecoveryPartition: 復旧用パーティションにマークを追加中
HFS/CS EnsureRecoveryPartition: 基本システムのディスクイメージのマウントを解除します
HFS/CS EnsureRecoveryPartition: Operation fully complete
HFS/CS EnsureRecoveryPartition: Operation finished
Eject
"disk1" unmounted.
"disk1" ejected.
Delete

これでリカバリーHDのアップデートは完了です。

3、セキュリティアップデートのインストール

さぁ準備は整ったので本番のセキュリティアップデートをインストールしていきます。

ターミナルから引き続き入力します。

softwareupdate -i -a

すでにダウンロードされているファイルを使ってインストールが始まります。

$ softwareupdate -i -a
Software Update Tool

Finding available software

Downloaded セキュリティアップデート2020-004
Installing セキュリティアップデート2020-004
Done with セキュリティアップデート2020-004
Done.

You have installed one or more updates that requires that you restart your computer.
Please restart immediately.
To automate the restart process with softwareupdate(8), use --restart.

終わったら「再起動して」と言われるので再起動。

スポンサーリンク

4、パッチの再インストール

バックライトパッチなどが外れていると思いますので再インストールしましょう。

Patch Updaterで入れたパッチを再インストールするには【High Sierra Patcher】
MacOS 10.13.4 にUpdateしたらディスプレイの輝度が変更できなくなりました。 なんか画面が・・・暗い、暗すぎるぅ。 設定のスライダーを動かしても変化なし。 なんじゃこりゃ〜 で、右往左往した結果、...

必要ならリカバリーモードのパッチも。

OSをインストールしたメディアから起動し、

macOS POST Install > Recovery Partition Patch

であてられます。
特に必要がなければスルーしても大丈夫です。

必要なパッチをインストールし、再起動したら作業は完了です。

デスクトップの「Expanded」フォルダも削除して結構です。

バージョン(ビルドナンバー)を確認する

りんご > このMacについて

バージョンの数字をクリックすると横にビルドナンバーが現れます。

今回のアップデートで「10.13.6(17G14019)」になりました。
17G14019

インストール済み

インストール済み

スポンサーリンク

ネットワーク接続が切れました Error downloading updates

今回セキュリティアップデートをダウンロードする際にエラーが発生しました。
このようなエラーは今回が初めてです。

原因は定かではありませんが問題はサーバー側にあった可能性が高いと思っています。なので問題なければここは読み飛ばしてください。(単に愚痴なので)

何故かエラー発生!

ダウンロードが完了しません

$ softwareupdate -d "Security Update 2020-004-10.13.6"
Software Update Tool


Downloading セキュリティアップデート2020-004
Error downloading セキュリティアップデート2020-004: ネットワーク接続が切れました。
Done.

Error downloading updates.

しばらく待ってふと見たらエラーで止まっていました。
mac、ルーターの再起動をしても状況は変わらず。

む〜なんじゃこりゃ?

ひとまず関係ないだろうけどBashのバージョンを戻してみたり、
ネットワークを監視しているセキュリティソフトを一旦アンインストールしてみたりと色々やりましたが状況は変わらず。

しかも途中で止めようにも「インストールが始まったら止められません(意訳)」みたいなこと言ってとまらんし・・・
強制的にKillしましたけどね。
んでもって再起動しましたけどね。
中途半端に落としたファイルは全部削除してまたやり直し。そんなことを何度繰り返しても状況は改善しませんでした。

仕方ないのでスタンドアローンのファイルをダウンロード。
こちらは打って変わってもうサクサクっとダウンロード完了・・・

それを以前の方法でインストールしようかと思いつつ、念のためもう一度ターミナルからコマンド実行してみました。

そしたら・・・ダウンロードできました!
なんやったんや〜〜〜〜!!

いや、怪しいと思ってましたよ?やるたびに落ちて来たサイズが変わるんです。
つまり特定のファイルへのアクセスが弾かれているような感じではないということ。

結果としてこちら側が何も変えていなくても最終的にダウンロードできたことを鑑みると、
単にサーバー側かネットワークの不調だったとしか思えません。
人騒がせな。ぷんすか

結論:ダメだったら時間を変えて何度でもトライ

スポンサーリンク

まとめ

とりあえずは無事にインストールできました。
今の所、不具合等は見受けられません。

ひとまず安心。

さて、
以前どっかの記事でも触れましたが
Mojaveのインストールメディアは作成済み。

だけど色々とやっかいそうで移りたくないんですよね。

だってまだまだ普通に使えるんだもん、High Sierra。
どしよっかなぁ。

今回は以上です。
それでは。

コメント

  1. ビックスワン より:

    はじめまして。私もearly2009のimacを使っており、update出来ないことでMac bookの購入を検討したところこちらのページに辿り着きまして無事インストール出来ました!詳細な手順を感謝します。
    さて、こちらのセキュリティアップデートをしたくターミナルを叩いてみたのですが、利用できるソフトウェアが見つかりませんとの表示になりました、、、実はこちらのアップデートのページを確認する前にAppStoreのアップデートを走らせてしまい、相当重くなり参ってましたが再度USBインストーラーのパッチを当てなおしたら改善しましたがやはりそれがソフトウェアの見つからな原因でしょうか?お知恵を拝借したくコメントさせていただきました。宜しくお願いいたします。

    • watarywatary より:

      はじめましてこんばんわ。
      App Storeからアップデートを実行することで実は「セキュリティアップデート」の部分は適用できている可能性があります。というか多分できています。
      なので再度アップデートを試みても「見つかりません」という結果になっているのかと。
      OSの(ビルド)バージョンを確認してみてください。最新のものになっていれば大丈夫、アップデートは完了しています。(^^

      ただしRecoveryHDの部分はエラーが出てアップデートできていないかもしれません。
      現時点で問題なければそのままお使い頂いても大丈夫かと思いますが、
      気になるようでしたら次回セキュリティアップデートのリリース時にでも紹介している手順でインストールしてみてください。

  2. ビックスワン より:

    ご返信ありがとうございます。ビルド番号確認してみたら仰る通り最新のものになっておりました!
    RecoveryHDの部分は、次回のアップデートでやってみたいと思います。ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました