UFOコンタクティ(UFOを呼ぶ人)とかいう・・・謎の人たち

戯言
スポンサーリンク

先日、超常現象的なものを紹介するバラエティ番組を観ました。
最近少なくなってますよね、そういう類いの番組。
昔はもっと放送されていたような気がしますが。

そこで久々に酔っぱらった勢いで思うがままに書いてみたいと思う。
もう年末だし・・・許してね。(テヘッ

スポンサーリンク

UFOとは?UFOを呼ぶ意味とは?

UFOって未確認飛行物体(Unidentified Flying Object)って意味ですよね。

その番組の中で”UFOを呼べる人物(UFOコンタティ)“とか言っちゃってるかなりイタい人たちが居た訳ですが・・・、ぶっちゃけどうなんですか。

馬鹿すぎて目も当てられない。

そもそも仮にですよ、万が一にですよ、
そのUFO(ここで言うのは宇宙人の乗り物的なもの)が本当にあったとして、
何の目的で出てくるんですか。どうして出現するんですか、何をしに? 何のために?

まさか「呼ばれて飛び出てじゃじゃじゃじゃ〜ん(古っ!)」ってな具合にただ呼ばれたから、遊び半分でやっているとでも言うんですか?
動くためにはそれなりのエネルギーを使うんでしょう、きっと。
”人が乗っていたら耐えられない程の速度”で移動したりするんですから。

いや、良いんですよ?仮に居たとしても。
ただそういうエネルギーを使ってまで、わざわざ、真上でもない遠くに、肉眼で見えるかどうか、カメラで捉えられるかって距離に出る意味って何ですか。

そこまで宇宙人とやらは暇なんですか?

遠くからちょろっと赤い光やら点滅してる光やらを見せる為だけに出てくるんですか?

本当に?

・・・そんなこと言っていて恥ずかしくないの?、いやほんと。

現れたとか言うそのUFOから見た(その地点を基準に)360度円周上のアンタと同じ距離には、そしてその範囲内には、どれだけの人が居ると思うんですか?

それなのに自分の呼びかけだけに答えた結果、何故か目の前ではなく、見えるか見えないかの微妙な遠い距離に”出現した”のだと?

本当に?

そもそもアンタがUFOに乗っている立場だったらそうするん?
なんの疑問もなく?ただ誰かが呼んだからってわざわざ地球に降りて行って光ってみせるの?
(だいたいどうやって呼ばれたなんてわかるんだろうね。)

・・・いい加減にも程がある。

メディアの面白ければ何でも良いや、的な発想にも反吐が出る。
プロなんだから絶対わかってるはずなのに。

数枚のフレームにおさまっているかどうかの、急激な移動を見せるUFOの動きをなんで素人カメラが追えちゃうの。見失いもせずに。
(こう映るという想定のもとで撮影、後に合成。だから”見失わない”。)

スポンサーリンク

撮影してた人が襲われた系動画をアップできちゃうのは何故なの。

映画「リング」が公開されてからそれ以降、撮影されたとかいって出てくる心霊映像的なものの”貞子率”ってどうなん?w
(白い服に長い黒髪というお約束)

科学は万能ではない

現代の科学でもってこの宇宙のすべてを明らかにするのはまだまだ難しい、というか無理であろうことは認めます。
何せ普段から感じるこの”重力が如何に発生するのか”すら、(理論・仮説あれども)正確には解明できていないのだから。

故に、地球外生命体が”いない”、と断言してしまう事の方がむしろ非科学的だとも思う。
このただっ広い宇宙で生命が誕生しうる環境が、地球以外にはあり得ないという方がむしろ馬鹿げてる。
科学とは仮説を立て証明すること、はたまたその姿勢が根本的な意義だと信じるならば、現時点をもって”ない”と言い切れるものではない。

但し、
“科学的に居ないと証明できていない”という事は、イコール”絶対に存在を否定できない(UFOはいるんだ!)”という事ではない。

ただ”可能性を完全には否定できない”というだけに他ならない。

この世界にはまだまだ謎に包まれたものがあり、謎と認識すら出来ていないものもまだまだあるはずです。
様々な事象を目にする時、思い込みや決めつけ、妄想でもって独りよがりの解釈をせず、冷静に観察して様々な視点から捉えてみようとする努力は、とても大切なことだと思うのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・

TVに映った俳優さんと目が合った(ように見えた)!
今日家に行っていい?とTVに聞いたら「うん」と答えた(ように聞こえた)!
だから約束通り来たんです!(だって約束したじゃない)

・・・やばいでしょ。(汗

UFOらしきものを見つけた(ように見えた)!
明日呼ぶから来てくれる?と聞いてみた・・・以下略。

まとまらない、まとめ

さすがに自分でも何を言いたいのかわからなくなってきた。
この辺で酔っぱらいは寝る事にしよう。

最後に、
百歩譲って地球外に知的生命体が居るとしよう。いや百歩も譲らずともそちらの可能性の方が高いかもしれない。
宇宙船造って惑星間を移動できるほどのテクノロジーがあるのなら、もう少し違ったコミュニケーション方法をとるんじゃない?
コミュニケーションを取る価値があると判断されていれば、ですけどね。
(地面を歩いている蟻を見つけて、あなたは挨拶や自己紹介をしますか?)

コメント

  1. しゃみ より:

    私もUFO見た事あります。
    まさに、来てほしいと思ったら来たんですよね。不振な動きの光が。
    ちなみに複数人で見ました。コンタクティと呼ばれる人も同じなのだと思います。

    ですが、あなたと全く同じように考えました。
    第一に、呼びかけたら来るって、そうだとしたらどんだけ暇なのよ宇宙人って。
    そして、未確認飛行光(物体かは不明なので光とします)に宇宙人が乗っているとは限らない。
    それはただの光かもしれない。
    あるいは特定の人の想念に応じた、想念が作り上げた光かもしれない。

    私はUFOは霊的なものに近いと感じられます。霊も感応する側があって初めて認知できるからです。
    いずれにせよ、夢中になって追いかけるのはちょっと病的だと思います。

    • watarywatary より:

      しゃみさん、こんにちは。
      唐突ですが告白します。
      UFOがもしいるならば・・・見たくて見たくて仕方ありません。
      実を言えば子供の頃からUFOの話とか大好きです。大好物です。
      でも残念ながら一度も見た事がありません。
      なので記事中の強めの物言いはある意味、羨ましさから来る嫉妬だと思ってください(笑

      ご意見の「感応する側があって初めて認知できる」に同意します。
      人間は例え視界に入っていても見たいものしか見ませんし、
      また、見えているから存在するとも限りません。(車のヘッドライトの様な強い光を見た後の残像がそうですよね。確かに見えていても、物理的に計測できるエネルギーがそこにあるわけではありません。)
      UFOを見た、という体験そのものは否定し得ないと考えています。しかしながらそれに都合の良い理由を後付けし、妄信してしまうことに、他人事ながら妙な不安を感じてしまうのです。

      コメントありがとうございました。

  2. しゃみ より:

    wataryさんはUFO見たかったんですね(笑)
    確かに、UFOに固執している人は見ていて不安を感じますね。
    もしかしたらですが、wataryさんは実際にUFOを見たらのめり込むタイプなのかもしれません。それに対するブロックがあるから興味があっても見ないのかもしれません。
    (あるいは単純に空を眺めることが少ないだけか)

    見たことがあるだけの人なら、世界中にたくさんいると思います。私の周囲でも、数人います。
    ですが、さらに見ようとしたり、撮影しようとしたり、異星人に会おうとしたり、そういうUFOに固執した想念がさらに次のUFO体験を呼ぶのだと思います。そしてUFOコンタクティなるものが出来上がる。

    一度霊と接触し、霊を恐れたり意識するようになると、霊に取り付かれるのと似ていると感じます。引き寄せの法則でもあると思います。
    何事も淡々と受け取って、あとは流すことをしていかないと、自分自身の欲と、それを利用する存在に踊らされる感じがしますね。

    • watarywatary より:

      >のめり込むタイプなのかも
      ぬお、Σ(・ω・ノ)ノ!
      気をつけます(笑

      UFOを見たと言う話は、実のところ自分の周りでも聞く事があります。
      見たものが何であれ、見たと言う体験はその人にとって真実ですし、嘘をついているとは思えません。
      嫉妬というのは半分冗談ですが、だからこそ一度確かめてみたい。
      今後はもっと空を眺めてみようと思います(笑

      コメントありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました