【Mac】Appleキーボードのキーが押されて凹んだまま戻らない!原因と修理

コンピュータ関連
スポンサーリンク


iMacで使い続けてきたキーボードの

キーの一部が押したまま元に戻らない!

このままじゃなんか嫌、
ということでApple キーボードを修理します。

スポンサーリンク

Apple Keyboard USB接続 テンキーなし

前述のようにキーが凹んだままになって、
押せないわけじゃないけれど押しづらい。

仕方ないので以前使おうとしたDellのWindows用キーボードを引っ張り出してきて使っていました。

WindowsのキーボードをMacで使う方法【設定】
Windows用のキーボードをMacに繋ぐと実はそのまま使えます。 アルファベットや数字キーなどはもちろん、 windowsキーがそのままMacのコマンドキーとして機能するなど、基本的な部分では問題ありません。 ただしファ...

が、これがまた微妙に使いづらい。

キーストロークが深すぎるし、一つ一つのキーが大きすぎる。
コンビネーションキー(cmd + 矢印とか)に手が届かない。

Dellの方はテンキーが付いているのでその点では上ですが、
それ以外がいただけない。

いや、Apple キーボードが使いやすすぎるのが問題なんです。

絶妙なキーストローク、手のひらにフィットしたちょうど良いサイズ感。

Dellの方も以前は普通に使っていたキーボードだと思うと・・・
Appleに飼いならされてしまった感は否めません(笑

とはいえ、その後出たバタフライキーボードでしたっけ?えらく評判の悪かったやつ。
そういうのもあるので一概にどちらがどうとは言えませんが。

ま、とにかく、
このApple キーボードの打刻感を取り戻したいのです。

キーが沈んだままになる原因

とりあえずキートップを外してみます。
精密ドライバーを使いました。

4箇所の爪で止まっているので上の方からまず2箇所パチパチとはずし、
下の隅を2箇所はずせば外れます。
(キーボードが汚いのはご愛嬌、見てないことにして)
キートップを外して

スポンサーリンク

キーを外してみて原因がわかりました。

キーを持ち上げているラバー製の部品が取れてしまったようです。
ラバー製の部品

取り出してみました。
大きさは幅6mmほど
ラバー製の部品

最初はちぎれたのかと思いましたが、思いの外断面が綺麗なんですよね。
おそらく接着してあった面が経年による接着剤の劣化で剥がれてしまったのではないかと。

下部が剥がれてしまったので、
このままでは押し込むとくるりと反り返ってしまいます。
くるりと反り返って

そしてそのままもどりません。
これがキーが沈んだままになってしまう原因でした。

ただし、キー入力自体はこの状態でもしっかり押下することで可能です。

これは構造上、

(上)
キートップ
ラバー部品 (とパンタグラフ)
——— (透明なフィルタ)
導電性ゴム
(下)

となっているためで、
キーが沈み込んでいてもさらに押下することで感知してくれるようです。

スポンサーリンク

キーの沈み込みを修理

さて、原因はわかったので対応します。

といっても外れたのならくっ付ければいい。

速乾ボンド GPクリア

なんか接着剤なかったかなぁと家捜しして見つけたのがこれ。

ボンド GPクリア 速乾
スチレンブタジエンゴム系溶剤形接着剤
用途:ポリプロピレン、ポリエチレンシートなど各種プラスチック製品の接着・補修に。
特長:ポリプロピレンにもプライマー不要。速乾・透明タイプ。
GPクリア

乾燥しても弾力性を保つタイプ。

ん〜どうだろう。

ラバー部品がシリコンぽいので無理な気もするけど物は試し。

指で触っていたのでとりあえず脱脂。
(プラスチック、ゴムにも使えるパーツクリーナー)
パーツクリーナー

綿棒に染み込ませてラバー部品の断面とキーボードの方も掃除。
掃除

スポンサーリンク

適当なものがなかったので精密ドライバーをハケがわりに使ってボンドを塗布。
精密ドライバーをハケがわり

※設置面の円周部分のみに塗布します。間違えても真ん中やパンタグラフなどに付けないように。終わります。今度こそ本当に終わります。

慎重に設置したら時間を置きつつ上から軽く押さえてみたり。
軽く押さえて

が、結論から言うと・・・

くっ付きませんでした!

そう、おそらくこのラバー部品はシリコン製なのです。
シリコン製は・・・付かないぞぉなかなか。

最初はいい感じでしたが、しばらく使っていたらすぐ外れてしまいました。

強力瞬間接着剤 超速乾 ハケタイプ

次に見つけたのは100均セリアで売っていた

強力瞬間接着剤 超速乾 ハケタイプ
強力瞬間接着剤 超速乾 ハケタイプ

スポンサーリンク

液体タイプですが、これまたシリコンは接着できないと書いてありました。

たぶん・・・ダメです。(笑

先の「GPクリア」は弾力性があるのと結果的に付かなかったことで
きれいに引き剥がせたんですよね。

これはカチカチに固まるタイプなので・・・失敗すると後が大変。

が、やってみると乾くのが若干遅かったものの一応接着できました。

全面でなくともどこか1箇所だけうまく付いてくれれば
ラバー部品の構造上反発して元の形に戻ってくれます。

この記事は直した直後に書いているのですが今の所大丈夫そうです。

が、油断は禁物。
というかしばらくしたら外れてしまいそうな気がしています。

シリコンも接着可能な接着剤

シリコンにも使える接着剤は数多く市販されています。

たぶんそれらを使えば正解だと思われます。

シリコン 接着剤

数百円〜1000円くらい。
ホームセンターでも売っているかと。

ただ1000円ちょいで新しいキーボードが買えてしまうことを考えると・・・微妙。

もちろんその他の用途でも使うなら購入もアリですけどね。

また、実際に目で見て確認したわけではありませんが
ダイソーでも売っているという情報がありました。

だとしたら110円、買いですね。
試してみる価値はあります。

スポンサーリンク

まとめ

とりあえずは修理できました。
今のところ完全に元どおりの状態です。

ただ経年劣化によって起きている問題です。
他のキーでも今後同じことが起きてくるでしょうし、
違うキーボードに乗り換えられるのなら乗り換えた方が良いかもしれません。

でもこの打刻感が良いんですよね〜
自分にとってはすごくちょうど良い。

これを換えて他のものか・・・
キーボード探しという沼にはまりそうで怖いです。笑

しばらくこれで様子をみてみます。
のちに外れたりしたらシリコン接着剤をダイソーで買って試してみたいと思います。
その時は追記でレポートします。

ということで今回は以上。

追記

その後、ダイソーの店舗を2店舗ほど回りましたがシリコンが接着できるという接着剤を見つけることはできませんでした。
どこかのブログで見かけたのですが情報が古かったのかもしれません。
現在は取り扱いないのかも?

一応二つ目の接着剤でくっついたのでそのまま使っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました