What’s the damage?

english未分類
スポンサーリンク

久しぶりに英語ネタを一つ投稿。

とあるドラマを見ていて、こんなシーンが。

(Aがホットドッグをデリバリーで注文。Bが配達員。)

A: All right. What’s the damage?
   (で、いくら?)
B: Ah… $39.60.
   (えっと、39ドル60セントです)

この「What’s the damage?」、面白い表現だと思いました。

直訳すれば「ダメージは何(どれくらい)?」

日本語でも出費を「お財布(ふところ)に打撃」とか言いますしね。

そういう感覚はやはり世界共通なのでしょうかw

ちなみにUrban Dictionaryにはこんな解説も。

A way of asking how much a bill is, especially when out to eat. Used mostly by people who still think saying things like this are cool.

Used mostly by people who still think saying things like this are cool.
(こんな言い方するのがいまだにクールだと思っている人がよく使う)
lol

オリジナルの放送日が2006年みたいだから、9年前?ちょっと古い表現なのかな?どうなんだろう。

でも面白い言い回しだよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました