正東山 日本寺(千葉県多古町)へツーリング散歩

正東山日本寺バイク(2輪もろもろ)
スポンサーリンク

GW中にあっちこっち走り回ってました。

ということで、今日はそのうちの一つ、千葉県は多古町にある日本寺を紹介してみようと思います。

日本寺とググると鋸山にある日本寺が出てきますが、多古町の日本寺もなかなか興味深い所でした。

スポンサーリンク

日蓮宗本山 正東山 日本寺

まずは簡単に紹介をば。(引用です)

300年続いた学僧たちの学舎

正東山日本寺は、中山法華経寺(千葉県市川市)の三世日祐上人が元応元年(1319)に開基した日蓮宗の古刹。仏教史上有名な檀林(学校)のある寺として知られ、全国から学僧たちが集まりこの地で学びました。
(多古町HPより)

旧中村檀林正東山日本寺は、飯高檀林とともに仏教史上有名な日蓮宗の檀林(仏教の学問所)として知られています。慶長初期より明治の初めまで開かれていた日本寺は、大講堂を中心に36の学坊があり、全国から数百の学僧が集い学問に励みました。

山門に掲げられている「正東山」の扁額は本阿弥光悦の真筆といわれ、日本三額の一つに挙げられています。また、水戸光圀ゆかりの屏風も所蔵されています。

現在は、農村公園としても整備され参道には多くのあじさいが咲き誇り、地元の人々による檀林文化祭なども催されています。檀林文化祭は6月の中旬にとり行われます。

また日本寺は「あじさい」の美しい寺としても有名です。昭和59年6月に晋山した第三三六世文璋院日親上人の代に有志の方々による「日本寺奉賛会」が結成され、その記念として「あじさい」の花が境内に約8000株も植えられました。
(多古町商工会HPより)

歴史のあるお寺のようです。

1300年代とか平気で出てきちゃう所が凄いよね。改めて考えると。

ちなみにこちらは紫陽花でも有名なのだとか。

日本寺に到着

看板

入り口近辺にある看板。

駐車場は入り口から少し入った所にありました。

学僧の墓

その駐車場横から伸びる遊歩道脇にある学僧の墓。

写真を後から見て気がつきましたが・・・なんか一つ倒れてません?大丈夫なんかな。

スポンサーリンク

山門

山門

看板は新しめですが、立派な山門。
多古町指定有形文化財だそうです。

本堂への道

本堂へと続く道。

本堂と鐘楼

正面に本堂、右手に立派な鐘楼が見えます。

身代り観音

スポンサーリンク

そしてその手前には身代り観音。

仏舎利塔

仏舎利塔なども。

経蔵

鐘楼の反対側には経蔵。看板にそう書いてありました。
お経を納めておく蔵でしょうか。

鐘楼「四恩の鐘」

鐘楼

立派な鐘楼です。「四恩の鐘」
1803年建立だそうで、既に2百年以上経ってる訳ですね。

写真を撮っていると、ご住職でしょうか、お寺の方に声を掛けて頂き、なんと鐘を突かせてもらいました!

スポンサーリンク

鐘楼裏

裏に回るとロープが撞木につながれており、下から突く事が出来ます。

本堂

本堂

雰囲気ありますね。本堂。

お守りなど

本堂前にお守りやら何やら売っているのですが・・・なんか適当w

さてさて、実はここの敷地内には妙見神社も鎮座しています。

妙見七面宮と夫婦稲荷

本堂から左手奥の方へと歩いて行くと・・・神社が見えてきます。

妙見神社

さらにその両脇には豊田稲荷、岡田稲荷(夫婦稲荷)と呼ばれるお稲荷さんまでもが。

なんか面白い。

豊田稲荷

敷地は結構広く、公園のような遊具や池などもあります。

池

自然豊かでゆっくり落ち着いた雰囲気でした。

池の鯉は近づくと寄ってきます。

が、あげられるようなエサは持ってなかったので・・・残念!

ということで今回は以上。

コメント

タイトルとURLをコピーしました